困ったお客にならないように

困ったお客にならないように

美容室を予約していて、その予約に行けなくなった時には、すぐに美容室に連絡を入れるのがマナーです。どうしても行けないということで、やむを得ず予約をキャンセルするときは、快くOKしてくれます。やはり、美容室はサービス業なので、こうした所は、非常に丁寧です。

 

そして、こういう時に人気のある美容師や美容室の場合は、キャンセルが空いた所に新しいお客さんや常連の予約を入れる事もできるようです。かなり親しくしていて、友人だと思えるような美容師さんでも、相手の方は、サービス業と言うことで、あくまでビジネスライクな付き合いで、親しくふるまいながらも失礼にならないように、気を使って接している場合もあります。

 

なので、あんまりにも親しくなったからといって、図に乗ってしまい、予約を急にキャンセルしたり、無理に予約を入れてほしいとねだって、知らない内にブラックリストに乗らないようにしたいですね。こういうリストに名前が載ってしまうと、困ったお客さんだという風に認定されてしまって、美容室の中でも、迷惑なお客ということになってしまいます。