しっかりとしたコミュニケーションで

しっかりとしたコミュニケーションで

感性が合っている美容師や、自分の趣味や好みをよく理解してくれる美容師を見つけることは重要になります。しかし、そういう美容師になんとなく任せっきりにしないように、しっかり美容師とコミュニケーションをとることは大事ですね。あまり、コミュニケーションが得意でなくても、代わりに、ビジュアルでイメージを伝えたりする努力は必要です。

 

初めての美容師にかかるときはカットやテイストの好みをよく伝えて、その人の仕事をしっかりとチェックすることが重要になります。こうした積み重ねによって、美容師さんも少しずつ自分のことを理解してくれますし、ファッションや全体の雰囲気を見て、そこからピッタリな髪型を見つけてくれます。

 

こういう事も、本当は美容師と相談してコミュニケーションをとりながら作り上げていくとより上手くいきます。カラーリングをする時も、髪の色を明るく、暗くというようなことは話せますし、髪の長さも、短めや長め、重めや軽めなどシャイな人でも自分の意志を伝えることができます。こういう風に、ちょっとしたこだわりをみせることで、皆と似たようなヘアスタイルにされることもなく済みます。